中学3年生の平均偏差値59

2018年12月24日
ai116esdvq 塾長コラム

先週群馬県統一テスト第8回の成績が返ってきました。

徐々に向上してきてやっと平均偏差値が59まで到達しました。

ACTは希望をすれば誰でも入ることができる塾です、有名な塾のように初めから成績が良い生徒がたくさんいるわけではありません。

ではなぜ成績が上がるのでしょうか?

それは上がるシステムがあるからです。

塾に通塾すれば成績が上がるというのは幻想です。

何故かというと

成績は相対的なもので誰かが上がると誰かが下がります。

例えば1人が10位から1位になると1位の生徒が2位に、2位の生徒は3位にと9人が成績が下がることになります。

そして成績を上げるには、分からない問題を親切に教える事でも、分からない戻って教える事でも、塾が最適なカリキュラムを作ることでも、最高のテキストでもありません。

”自分でやる”しかないのです。

自分の悪さを分析して、自分で勉強することです。言い換えれば自立的に勉強することです。

先に書いた親切に教える事などの行為は、受け身になり逆効果なのです。

私は特別なことはしていません。日報を中心に自分で考える指導をしているだけです。

自分で出来れば行動が変わります。今では子供たちは塾が休みの日でも自主的に通塾し勉強していきます。

学習塾のチラシを見るととても耳障りが良い言葉が並んでいます。でも抽象的な言葉で「それでなぜ成績が上がるの?」が分からない内容が多いなと感じます。

何故成績が上がるのか? 自分でやらなければいけない! 皆さんもわかっているはずです。

論より証拠、次の機会に全受験生の成績推移をアップします。

一生懸命勉強しているし、塾にも通っているのに成績が上がらないと悩んでいるのであれば、もしかして子供が受け身になっている場合があります。

私の考えに共感できるのであれば、お気軽にご相談ください。